KAWADA BLOG

Jun/2020 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
タイヤを貼ったり、失敗したり
どうもです。

今度の日曜日はラジ天名古屋さんへ行って、30.5Tの1/12をやる予定です。(まだ、祖父江さんには言ってないけど)

清水くんの情報で、フロントはLラバーの30度35度が良いらしい。
30度のタイヤは貼ってあったけど、35度が無かったので貼っておきました。

ホイールの色による走りの違いを確かめたいので黄色と白を用意した。
…と思わせながら、ただ余っていたホイールがこれしかなかったからです。

タイヤを貼っていて思い出したんですけど、
日曜日にDAYZで某〇SのIケヤくんの瞬間を借りてタイヤを貼ったら、タイヤが上手く貼れなかった…。
タイヤを削ってみると固まった瞬間が表面に出てしまっている箇所があったのです。
原因を探ってみると、某〇SのIケヤくんの瞬間はノズルが『スラッシュカットマフラー』のごとく斜めにカットされていました。
あまり気にせずいつも通りに瞬間をグルグルしたもんだから、スラッシュカットなノズルでタイヤの内壁を切り裂いて、そこに瞬間が流れ込んでしまっていたようです。

ちなみに某〇SのIケヤくんは『オレこれで上手く貼れるよっ』っと言っていました。

そんな話をしていると、瞬間のノズルの先端の処理は、人によってまちまちだと言うことが判明しました。

僕…先端のポッチのみカット
清水くん…先端のポッチをカットした後、穴を広げる
M井さん…鉛筆削りで削って面取りする
Iケヤ…スラッシュカット

僕のノズルはこんな感じです。

瞬間のノズル一つとっても色んな流儀がありますね。
個人的には、瞬間ノズルの先端は出来るだけ丸い方が安全だと思います。

ちなみに貼っていたタイヤは僕のじゃないです。(人のを貼って失敗した…)
MちゃんのタイヤをIケヤの瞬間を使って僕が貼って、狂一さんが削って、僕が怒られると言う、ややこしいコンボ。(笑)


僕が人のタイヤを貼ると失敗しがちなのであんまり頼まない方が良いですよ
っていうお話でした。(笑)

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)

そー言えばヤツは使っていた。
online casino>7/11