KAWADA BLOG

Jan/2020 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
清水くんレポート
どうもです。
最近少しずつ人気が出てきている30.5ターンの1/12レーシング。
ラジ天名古屋さんでも30.5ターンで1/12を始めた方々がいるようですよ。
前回、有り合わせの中古パーツで作ったFX3ではなく、最新のFX4S(2mmアルミシャーシ)で走ってきてくれて、レポートまで書いてくれましたので紹介します。
しかも、走行動画とセッティングシートまでありますよ!!
セッティングは、FX4Sキット標準状態からのセットなのでFX4Sユーザー(FX4Limitedでもシャーシ厚さが異なるだけでほぼ同じ)にはとても分かり易いセッティング手順だと思いますので参考にしてみてください。


【清水くんのレポートはこっから】
新年早々、ラジ天名古屋さんで、話題の?ロースピード1/12(30.5T)を新車のFX4Sでやってきましたので、レポートしたいと思います。

新車と言っても、実はこれ、僕のボディペイントをしてくれている三橋さんのマシン(初トゥエルブ)
30.5Tならやれそうだし、やりたい!ってことで、FX4Sを購入してくれました(しってるねぇ!)
普段、相当無理言ってボディを沢山塗ってもらってるので、シェイクダウンの面倒は見ますよってことで…この日はカーシェアリングしてセッティングを進めました。


マシンはFX4Sにボールデフコンバージョンを組んであります。
あとはサーボセイバーだけXRAY製に変更。
その他は全てキット標準のセットです。

タイヤは
フロントLラバー30(43mm)
リヤCラバー35(44mm)
で、スタート。

ボディはチームボンバー製のケッター(ウルトラライト)

この状態で走らせてみると、いきなり普通に良い感じで走りますが、ちょっとだけフロントの引っ掛かりが強くて、曲がりすぎて失速してしまってる感じ。

と、言うわけでフロントセクションを変更します。

・キャスター全立て
・タイロッド、ナックル上のシムを3ミリへ変更(バンプアウト方向)
・アッパーアームのシムを全て1番上へ(キャンバー変化量を減らす)
・0.8mm程度あったリバウンドを0.3mmへ

順番にやっていきましたが、これだけの調整で引っ掛かりも減って思い切って走れるようになりました。

あとはリヤトレッドが狭すぎて、曲がり出しが早すぎる感じがあったので、アクスルスペーサーを左右1mmずつ足したところバランスが良くなりました。


オーナーの三橋さんもやりやすい!って言ってたので、扱いやすいセッティングになったのではないかと思います。


タイヤの使い方ですが、リヤに対してフロントの減りが少し早いので、フロントだけ2セットを交互に使うとバランスが良かったです。
あと、フロントタイヤはサイドウォールに瞬間を塗ってます。

ラジ天のハイグリップアスファルト路面では塗らないと車が浮いてしまって走れたもんじゃないので、必ず塗った方が良いです。

グリップ剤に関してはフロントは塗らない方が走りやすいと思います。
ラジ天の喰い方が攻撃的なのと、速度が控え目で十分に曲がれてしまうので、塗ると走り初めの操縦が難しくなるだけでした。
リヤは走行のインターバルに塗ってさえあれば十分な感じです。3分くらいでも大丈夫かも。

300周以上走りましたが、タイヤの磨耗も1ミリ程度で、まだまだ使えそうです。
タイヤ径が小さくなっても、元々の車高が高めに設定してあるので、十分に車高が確保出来て、細かいハイトスペーサーの調整も必要なく楽チンです。
車高が3.4ミリくらいになったら、0.5ミリ程度車高を上げれば良いと思います。


2月のサンデーレースで30.5Tの1/12クラス(暫定レギュ ヨコモ30.5T ギヤ比2)をやってくれる?って話なので、参加しようと思ってます。(イノウエ氏も来るんか?)
程よいスピード設定だと思うので、これからトゥエルブをやってみたい人や、前はやってたけど、久々にやってみようかなって人には最適な感じで楽しめるんじゃないかと思います。
是非やってみてください!

【ここまで】

参考にしてみてくださいね♪ (最後に微妙に2月のレースに勧誘されとるがな…。)


セッティングシートはこちら


走行動画はこちら


では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)

そー言えばヤツは使っていた。
Kathleen Scanlan>2/14