KAWADA BLOG

Feb/2018 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
>>> Next
マシンカットが良いヨ!!
どうもです。
今日はお薦め商品を紹介したいと思います。

お薦めの商品はコレです!! ジャン!!

マシンカットスパーギヤです。

このマシンカットスパーギヤの何が良いのかと言うと…
〇切りの精度がメチャクチャ良い!!
∈錣蟒个靴覆里膿娠漾なのでバックラッシュがどこでも均一!!
ベアリング部の寸法がキツからず、ユルからずでベスト!!
ぅ好僉璽ヤ自体の厚みが適切なのでスパーギヤが左右に踊らない!!
ゥ妊侫棔璽襪最大18個も使えるのでハイパワーでも滑らない!!
削り出しなのにデフボールがこぼれない穴形状!!
Ь翩廚妊蹈鵐哀薀ぅ!!

こんなところでしょうか?

,亡悗靴討郎錣蟒个靴覆里播然でしょう!!歯形状、精度抜群です!!相手物であるピニオンギヤには当然カワダ製のピニオンギヤがベストマッチします。サイレント且つスムーズです。違いの分かるエキスパートは、当社製ギヤを使った際の燃費向上を体感するそうですよ♪

△亡悗靴討盧錣蟒个靴覆鵑任海谿幣緻気い曚匹泙鶸櫃任后バックラッシュも一箇所で合わせればOKですよ。常に均一のバックラッシュなのでこの辺りも燃費の良さの秘密ですね。
真円度の低いスパーギヤの場合、バックラッシュのキツイ所とユルいところができてしまいます。これだとノイズの原因や効率の悪さの原因になります。またバックラッシュが極端に緩いところではギヤが舐めやすいです。
その点、マシンカットスパーギヤの場合、バックラッシュが均一なため、ギヤの歯に負担が掛からず歯が舐めにくい特徴があります。

スパーギヤで重要な部分の一つです。ここのベアリング部の寸法がキツすぎるとベアリングに負担が掛かりスムーズな回転をスポイルしてしまいます。また緩いと回転中にスパーギヤが偏芯してしまいます。偏芯すると言うことは、バックラッシュが均一に保てなくなります。なので先程と同じくギヤが舐めやすくなっちゃいます。
カワダのマシンカットスパーギヤはここん所の寸法が抜群ですヨ!!

ぅ好僉璽ヤの厚みも重要です。薄いと接触面が減って燃費が良くなりそうですがあまりうすすぎると強度の面でマイナスです。歯の部分の厚みもありますがそれ以上に歯じゃない部分の厚みが重要です。ここの厚みはデフボールより薄くする必要がありますが必要以上に薄くしてしまうとスパーギヤが左右に踊ってしまいます。左右に踊ってピニオンギヤとの掛かりが浅くなると非常にギヤに負担がかかるのが想像付きますよね?それでいて歯部の厚みが薄いと余計にその傾向が強くなります。
カワダのマシンカットスパーギヤはその辺りを考慮した設計がされています。ギヤは左右に踊りませんし、適切な歯の厚みがあるためにピニオンギヤの掛かりが甘くなる事もありません。

ゥ妊侫棔璽襪これ以上無いほど入ります!!ハイパワーモーター使用じにも余裕の容量です。
玉を多く使用することによりデフの締め込み量が少なくてもデフが滑りにく、デフのライフも長くなります。
デフボールを18個フルに入れても良し、1個飛ばしでも良し、2個入れて1個飛ばしでも良し、使用するパワーソースやコーナーリング特性に合わせてセッティングできますヨ。

Δ海海皀ワダのコダワリの一つです。通常削り出しのスパーギヤの場合、デフボールが入る穴は貫通形状の為、スパーギヤを持ち上げた際にデフボールがこぼれてしまいます。
これだとメンテの際、イライラしちゃいますよね?レースの合間にメンテしてボロボロこぼれたら泣けちゃいます。
この部分がカワダのマシンカットスパーギヤの場合、貫通形状じゃなく、デフボールがこぼれない形状になっています。(片側方向のみです。) 加工も少し大変になりますがより扱いやすい製品にする為のカワダのコダワリの部分なのです。

Ш犲舛論動性、耐摩耗性、強度に優れるPOM製(ジュラコン)です。
丈夫さ、ライフの長さは一度使って頂ければ納得頂けると思います。先にも言いましたが精度の良さ、真円度の良さ、優れた設計等など理由は沢山ありますが使ってみると異常な程長い期間お使い頂けると思います。一般的な成形品のスパーギヤに比べ遥かにロングライフです。
正直マシンカットスパーギヤは値段が一枚1,000円とお高いです。成形品のスパーギヤの倍以上しますが適切に使ってさえいれば2倍3倍以上永く使えると思います。(相当激しいクラッシュだとさすがに…って場合もあります。) そう考えると決して高く無いと思います。
ちなみに MADE IN JAPAN ですよ♪

いっぱい語りましたが何となくカワダのマシンカットスパーギヤいいじゃん!!って思って頂けましたか?一度使ったら他のスパーは使えなくなりますよ。
使った事の無い方は是非一度お試しください!! 期待は裏切りませんヨ!!

カワダのマシンカットスパーギヤラインナップはこちら

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
最近ブレイク!!
どうもです。
先月辺りから何故か売れ行き絶好調のアイテムがあります。

これです!!
B55 ピニオン変換アダプターです。

真鍮製のちっこいパイプ状のコレ。
これがどうなるのかって言いますと汎用品として最もポピュラーなサイズの内径Φ3.175mm(1/8インチ)のピニオンギヤ(ウチで言うと超硬ジュラピニオンギヤスチールギヤなどの1/10ツーリングカーや1/12レーシング、F-1とかで使ういわゆるピニオンって言ってるやつ)の内径をΦ2mmに変換します。

使い方はピニオンにB55を差し込むだけ。
イモネジを逃がす溝があるのでモーターシャフトとイモネジは、しっかり固定される仕組みになってます。

ハメたところ。


先月辺りからミョーに売れてるんですけど、実際何用でブレイクしているのか分かりません…。
とにかく2mmシャフトのモーターに一般的なピニオンギヤが使用可能になります。
ピンと来た方は便利なアイテムがカワダから出てますので覚えておいてくださいね♪

他にも380サイズモーター(Φ2.3mmシャフト)に汎用ピニオンが使えるようになるアダプターもあります。
B57a ピ二オン変換アダプター380用

マクソンモーター(Φ1.5mmシャフト)に汎用ピニオンが使えるようになるアダプターもあります。
B54 ピニオン変換アダプター φ1.5用

便利な変換アダプターですので是非ご活用くださいね♪
では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
マシンカットスパーギヤがGOOD!!
どうもです。
今日はカワダのお薦めアイテムを紹介します。
今日紹介するのはマシンカットスパーギヤです。

1/12スポーツクラス全日本選手権に参加の方には特にお薦めですよ!!ストック用のスパーギヤはこれしか無ですぞ!!

このスパーギヤはその名の通り機械加工により削り出しされた高精度スパーギヤです。
削り出しなのでメチャクチャ精度が良いです!! 真円度は抜群でまん丸です。

バックラッシュを合わせる時、通常の成形品のスパーギヤの場合、ギヤを回転させていくと、どうやっても僅かにキツくなるところとユルクなるとこができて何となく全体的に無難な位置を探って位置を決めると思います。
しかしこのマシンカットスパーギヤの場合は、一箇所でバックラッシュを合わせておけば、回転した際にどこで噛み合っても常に均一です。ビシっと常にベストなバックラッシュを保つことができるのでスムーズで静かなのです。

スパーギヤ自体の厚みにも拘っているのでスパーギヤが左右に移動したり踊ってしまう様なこともありません。歯が踊らないので必然的に歯の持ちも良くロングライフですよ。

重要なギヤの歯形状も削り出しなのでコレ以上無い高精度な仕上がりです!! ピニオンギヤは勿論カワダ製ピニオンギヤがベストマッチしますよ♪

削り出しなのにデフボールが落ちないようにコダワリった穴形状です。(外側の穴のみ、内側は貫通です。)

削り出しでこんな風にデフボールが落ちないように拘っているのはカワダだけじゃないでしょうか?こんな少しのコダワリだけで使う際には物凄く便利なんですよね〜。
デフボールがポロポロ落ちたらイライラしちゃいますもんね。優しい設計だね♪

このスパーギヤ、DDカーでの使用を最も意識しているのでデフボールがいっぱい入ります。
昨今のハイパワーモーターにも十分耐えられますよ。
デフボールの入れ方も人それぞれ好みがあって聞いてみると面白いですね。結構使っているデフルーブの特性(ねっとりタイプとかサラサラタイプとか色々あるもんで)でもボールの入れ方の好みが違う気がしますね。

【18個全部入れちゃう派】
これは最もデフが滑りにくい使用方法です。ハイパワーモーター使用時や重たい路面でパワーを掛けたい時なんかはデフボール18個が良いですね。僕はモデの時は18個全部いれます。(モデで使う大きさのマシンカットスパーはラインナップに無いけどね)


【2個入れて1個飛ばす派】
全部入れるとちょっとデフが重いかな?って言う場合はこんな風に2個入れて1個飛ばす入れ方がお薦めです。スムーズさとカッチリした感じが絶妙に調和します。


【1個飛ばし派】
これが一番軽い動きになります。軽い作動でスルスルです。
ただこれだとハイパワーモーターの場合はちょっと不安ですね。
僕は1/12ストックの場合はこの仕様で使ってます。スムーズなコーナーリングですよ。


一度使ったらヤミツキになるスパーギヤですよ。
値段は、1枚1,000円と少しお高めの設定ですがそれを裏切らない価値があります!!
高いけど成形品のスパーよりも持ちが良い(ロングライフ)気がします。僕も長いこと使っているけどスパーギヤを交換した記憶が殆どありません。してないかも…。
高いけど長く使えるから結局安く済んでると思います。

スパーと言ったら川田模型。究極のスパーギヤがここにありますぞ!!
これ以上の物はありませんよ!!

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
お薦めのロッドエンド
どうもです。
知ってる人は、その良さを知ってるんだけど、知らない人は全く知らない。(当たり前か…)

そんな商品が結構あるんじゃないかな?と思います。
せっかくなんでそんなイケてるんだけど、地味な商品を今日は紹介します。
今日紹介するのはこちらのロッドエンドです。

AJ5815S モリブデン入 ロッド・アジャスター φ5.8 L=15:8個入
AJ5810S モリブデン入 ロッド・アジャスター φ5.8 L=10:8個入
このロッドエンドはかなり昔からラインナップされているカワダの定番アイテムです。

このロッドエンドの優れている所は、ボール部分の絶妙な寸法と材料にスベスベなモリブデン混入の樹脂を使っているのでボール部分が『スルスル』なのです。まさに『ゼロフリクション』とはこのことです!!それでいてガタも少ないのですヨ!!

可動域も結構多いと思いますがいかがでしょうか?


ボールは勿論当社製のジョイントボールがベストマッチです。ボールのサイズはΦ5.8mmです。
AJ5801 ジョイントボール 座付き φ5.8:5個入
AJ5802 ジョイントボール φ5.8:5個入
AJ5802N メッキ・ジョイントボール φ5.8:4個入
RSC13 HEXピボットボール:5個入
この他にも他社製のΦ5.8mmボールにもお使い頂けます。

ちなみに品番はボールのサイズと長さを表しています。
●AJ=アジャスターの意味
●58=対応ボールの大きさ。5.8mmボール用なので58
●15又は10=ボール中心からの長さ。15mm又は10mmの意味
●末尾のS=スルスルのS(ウソ)。当初モリブデンを意味するM付きだったみたいですが途中で価格変更を行った際に識別するためにMからSに変更されたようです。その頃僕は居なかったのでなんでSになったかは僕にも分からんです…。
(ボールの方はAJ58までは一緒で後は出た順に01、02です。)
それはともかくカワダ模型の品番は覚えやすいように考えられてるな〜。

このロッドエンドシリーズ好きな所は結構な数でご注文頂く隠れた人気アイテムなのです。 このイケてる感じを知ってるんだろうな。
でも何に使ってるんだろうな〜?スルスルスムーズに動くからドリフト車なんかのアッパーアームエンドやステアリングリンケージ、ダンパーエンドなんかに使ったら、物凄く具合が良いような気がするな〜。

使ったことの無いそこのアナタ!! 一度使ったらヤミツキですぞ!! 是非お試しください!!

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
0.5モジュールのピニオン
どうもです。
何故か最近ピンポイントで良く売れる0.5モジュールのピニオンギヤ。
しかも12Tが集中的によく売れてます。

PNM12 超硬ジュラピニオン m=0.5 12T
このモジュール0.5のピニオンギヤはシャフト径2mmモーター用のピニオンギヤです。
ミニッツとかタムテックギヤとかに使える用にリリースした小さいRCカー向けのピニオンギヤです。
少し前に聞いたのは京商さんのハングオンレーサーに使うって聞いたけど、ここ最近は特に12Tのまとめ買いっぷりが目立ちますね。オンラインショップでも個人のお客さんで10個20個まとめ買いする強者も結構みえますよ。

何に使うのか定かじゃありませんが最近人気のピニオンギヤです(笑)

0.5モジュールのピニオンギヤラインナップはこちら
大きい歯数は無いものがありますがご了承ください。
では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
初代M300用パーツetc.
どうもです。
先日商品リストに登録したウルフ用パーツが予想以上の反響を頂いてビックリしております。
そんな流れなのか昔のM300用の部品の問い合わせもチラホラ頂くようになりました。問い合わせのたびにパーツ捜索の旅に出るのも大変なんで重い腰を上げて古いM300用の部品の在庫品を写真を撮って登録しておきました!!

パーツ捜索の甲斐あってか貴重な初代M300のメインシャーシの発掘にも成功しました!!

定価13000円!! 当時の価格帯を考えると恐ろしくプレミアムなシャーシですね。
その後のKE1がその半分の6500円って事を考えると相当な感じがしますね。昔社長が『最初のM300のカーボンシャーシの仕入れ値は目玉が飛び出るくらいだった』って言ってた気がするけどこのシャーシのことだな?

そんな貴重なシャーシが2枚だけ在庫があります。高いから無理にはお薦めしませんが『どうしてもあの当時のシャーシが欲しい!!』って方がいましたら、最後の2枚がデッドストックでありますのでこの機会をお見逃しなく!!

他にもレアな部品がありますが案外ウルフの部品よりも残っている部品の種類が少ないですね。商品リストの『M300RSW以前のパーツの6〜12』に登録しておきましたので興味のある方はチェックしてみてくださいね。

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
ボディーマウント
どうもです。
最近ウルフ関連の部品を掘り下げる機会が多くて説明書見てて気付いたんですけど、FX4でも使っているボディーマウント(RX32)ってウルフの頃からあるんですね。歴史があるな〜。

このボディーマウントは中空なので軽いのに丈夫で良いんだよな〜。

ちなみに同じくRX品番のキャッチピン(RX45)もこの頃から変わってませんね。

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
ミニ用タイヤが人気です!!
どうもです。
ここ最近ミニ用のハイグリップタイヤが良く売れてます!!
タミヤさんからM07が出たからかな?

ホントの理由は定かではありませんがこのミニ用タイヤのグリップは確かですヨ!!
なんてったってツーリングカー用タイヤで人気の当社KMタイヤシリーズ(TUB4036,TUB4032,TUB4024,TUB43S)と同じコンパウンドを使用したミニ用タイヤだからです!!

何ならミニ用にはTC用には無い40度と28度、そしてカーペット用のミディアムまでラインナップした気合の入りよう。完璧としか言いようがありません!!
しかも、4個入りの他に2個入りもラインナップしてます。前後で硬度差をつけたい時に重宝しますね。ちなみに2個入りにはスポンジインナーも付属している親切っぷり。まさに至れり尽くせり。

【ミニ用KMタイヤラインナップ】
●4個入り
TUM4040 ミニ用スリックタイヤKM40:4個入
TUM4036 ミニ用スリックタイヤKM36:4個入
TUM4032 ミニ用スリックタイヤKM32:4個入
TUM4028 ミニ用スリックタイヤKM28:4個入
TUM4024 ミニ用スリックタイヤKM24:4個入

●2個入り
TUM4040H ミニ用スリックタイヤKM40:2個入
TUM4036H ミニ用スリックタイヤKM36:2個入
TUM4032H ミニ用スリックタイヤKM32:2個入
TUM4028H ミニ用スリックタイヤKM28:2個入
TUM4024H ミニ用スリックタイヤKM24:2個入
TUM43M ミニ用タイヤ カーペット用・ミディアム:2個入
TUM43S ミニ用タイヤ カーペット用・ソフト:2個入

ちなみにタイヤの外径は55mmです。
お薦めのミニ用タイヤですので是非お試しください!!
では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
サスボール&モーターベアリング脱着器
どうもです。
1/12レーシング等のサスボールの脱着やモーターベアリングの脱着が行える『SK41BL サスボール&モーターベアリング脱着器2』ですが現在在庫切れとなっておりますが『SK41 サスボール&モーターベアリング脱着器』は在庫があります。

SK41を組み立てたところ。

SK41とSK41BL、この2つ何が違うのか?って言いますと基本的には殆ど同じです。
SK41にブラシレスモーター用ベアリングに対応したカップを追加したのがSK41BLです。

SK41はブラシモーターで一般的なベアリングサイズ1/8"×3/8"のベアリングのみ脱着可能です。最近のブラシレスモーターもこのサイズのベアリングが多いと思いますのでよっぽどコレでまかなえちゃいます。

こんな感じでベアリングを抜くことができます。


でSK41BLはSK41に他のサイズのベアリングを抜く時に使う、大きいカップが含まれているのです。

このSK41BLのカップで抜けるベアリングサイズはこの3つ
●7×3×3ボールベアリング(ボルテックスPRO等)
●10×4×4ボールベアリング(ベクターX12等)
●12.7×4.762×4.979ボールベアリング(ボルテックス2008、バリスティック、ルキシオン 等)
これはSK41BL発売当時にあったブラシレスモーターのベアリングに対応できるように作ったカップですが最近はこのサイズのカップをあんまり使わない気がします…。
実はカップだけ無くなっちゃって今更このサイズのカップ作るのもね?ってことで
じゃあSK41BLじゃなくて、元々のSK41でいいじゃんとなっている訳です。

サスボールの脱着に関してはSK41もSK41BLも全く同じです。

個人的にはベアリングの脱着よりもサスボールの脱着にとても重宝しています。
1/12レーシング等のサスボールの脱着には無くてはならない工具ですよ。

話が長くなりましたがSK41BLはありませんがSK41ならありますし、これで十分まかなえるはずです。因みにSK41の方がお安いですよ。

サスボールとモーターベアリングの脱着は
SK41 サスボール&モーターベアリング脱着器で決まりです!!

そう言えばコレに使っている3×8のスラストベアリングを何かに流用するって聞いたことあるけどなんだっけ?なんかのデフかなんかに使うような事利いた気がする…。 よく覚えてませんがあんまり売ってないサイズらしいので使い方をヒラメイタ人は流用してみてはいかがですか?

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
これもあります!!
どうもです。
これもまたIRCCの会場で聞かれた『あれもう売ってないの?』です。

聞かれた商品はコチラ
SK28 バッテリー&パーツボックス


勿論、好評発売中です!!
この状態だと判りにくいですが組み立てると…

カワダユーザーなら見慣れた黒い箱になります。
そうですコレ、キットで使っている黒い箱なんです。この箱の大きさが絶妙に丁度良くて使い勝手が良いのです。スペアパーツを入れたりしておくと便利ですよ。
因みに先日紹介したSK38 モーター&ローター兼用ケースの外箱とも同じだったりします。大きさが同じなのでRCバッグに収納する際にもデッドスペースが出来にくくなり、荷物をコンパクトにまとめ易くてオススメですよ。

さらに1/12レーシングだったらシャーシが丸々入って便利です。僕も最近はマシンをコレに入れて持ち運んでいます。

ジャストフィットです…と言いたかったんだけど、スパーギヤが大きいと結構キッチキチでした。

写真は64ピッチ88Tのスパーが付いています。
自分は最近はもっぱらストックしかやらないので完全にジャストフィットなもんだと思ってました…。ストックで使うような76Tや78Tのスパーならジャストフィットですよ♪ モデのはデフを外して収納した方が良いかもしれませんね。

何かと便利な箱で使い勝手が良くてお薦めです。是非お試しあれ!!
では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)

オールナイト・シルバーストーン
discount buy trimox>2/20