KAWADA BLOG

Feb/2019 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
>>> Next
M210ダンパーTIPS
どうもです。
ここ最近はCARTEN M210に首ったけです♪
おかげさまで売れ行きも中々好調です!! M四駆ブーム、じわりと来てますね♪

M210にはオプションパーツも色々とラインナップされていますがまず変えたくなるのが高精度アルミオイルダンパーじゃ無いでしょうか?

NBA229 アルミオイルダンパーセット

キット標準の樹脂製ダンパーはスプリングテンションの調整をスペーサーで行うタイプなんだけどこちらはネジ式。スプリングテンション(車高)を無断階に微調整可能になります。それだけでも十分価値がありますね♪
勿論アルミ削り出しのショックケースにより、ダンパーストロークもスムーズになります。
お薦めのM210用オプションパーツです。

アルミ削り出しのオイルダンパーが4本入りで何と3,500円とお求め易い価格なのもいいですね♪
しかも商品は組み立て完成済みで買ってすぐに装着して走れちゃう楽々仕様です!!


そんなM210用アルミオイルダンパーですがちょっとした一手間を加えるだけで更にゴキゲンなスムーズなオイルダンパーになりますので紹介します。

まずピストン。
Eリングで挟んで固定するオーソドックスなタイプのピストンですが上下方向に若干のガタがあります。市販の内径φ3mmのシムを挟んでピストンがガタガタしないようにガタ調整をすると良いです。厚さは0.3mm位いれました。(シムでピストンの穴が塞がっていないか注意)シャフトに取付後ピストンがガタガタ動かなくなるようにシムの厚さは微調整したほうが良いかもしれません。上側のEリングを『弓なり』に変形させるのもいい手です。



Oリング部分。
標準状態だとOリングキャップを締め込むとOリングにテンションが掛かるようになっています。コレはコレでオイル漏れを起こさないことを考えての安全設計だと思いますが更なる走りの良さを追求する場合は、ここは漏れないギリギリのテンションにしたいところです。
Oリングケース部分のキャップ部分に市販の厚さ0.5mm、内径φ9〜10mmくらいのシムを挟み込んで組むとOリングに掛かるテンションが緩和されシャフトの動きがスムーズになります。



ちなみにOリングは川田模型製のシリコンOリングに変更すると更にGOODです。

DN907 シリコンO-リング゙ φ3:10個入


この組み合わせで今のところオイル漏れ等は起きていません。
動きも非常にスムーズですよ♪

M210のさらなる走りを追求したいそこのアナタ!! ヒマな時に試してみてね♪
では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
CARTENメカ積み
どうもです。

ラジオネーム『カーテン大好きっ子ちゃん』こと清水昭博さんからこんな投稿を頂きました。

ようやく自分のCARTEN M210を組み立てて、メカ積みがかなり決まったとの報告です。
M210はホイールベース210mmのミニシャーシなのでメカ積みスペースは少しタイトで通常はサーボの上に受信機を置くのが大体普通なんだけど、サーボの上に何も置くこと無くスタイリッシュにメカ積みが出来たとご機嫌な様子。

小さめのアンプ(ヨコモSP3かな?)と受信機(サンワRX-481)をチョイス。
BAKUSOモーターを合わせるところが泣けるぜ!!

ポンダーはドライブシャフト下に配置。
バッテリー下にはしっかりとゼロスリー

かなりタイトなレイアウトですが中々キレイにまとまっています。

CARTEN M210でスタイリッシュにメカ積みしたい方は是非参考にしてみてくださいね。
では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
キングピンの長さ
どうもです。
先日EPS-Jに行った時、とある方から『M300のキングピンって短いですか?』と言う若干謎めいた質問を頂きました。よく話を聞いてみると『キングピンシムをいっぱい入れるのが面倒くさい』らしい。
確かにアッパーアームの上側にいっぱいシムを入れるんだったら、短いキングピンにすれば無駄なシムが要らなくなる。スッキリするし微妙に軽量化もできる。

そもそもその方の車は残念ながらカワダじゃなかったので今使っているキングピンの長さがわからないのでM300のキングピンがそれと比べて短いかどうか分かりませんでした。
せっかくなんで長さを紹介しますので参考にしてみて下さい。
ちなみに当社には2種類のキングピンがあります。FX4やWGTで使っているキングピンとM300GTで使っている少し短いキングピンです。太さは両方共φ3mmです。


【FX4やWGTで使っている少し長いキングピン】
KD112 M500WGT用アクスルシャフト&キングピン

【M300GTで使っている少し短いキングピン】
RGT76T チタンコート・キングピンM300GT用

M300GT用のキングピンの方が使用部分が1.5mm短いです。
FX4でアッパーアーム上側にキングピンシムが3枚以上入っている場合ならこっちの短いキングピンが使えそうですね。
端っこ部分も0.5mm薄くなるので小さめのホイールを使ったりする場合にキングピンとホイールが干渉しそうで心配な方にもお薦めですね。

最近はφ3mmキングピンの車も増えてきているので当社FX4以外にも流用できると思います。
是非参考にしてみてくださいね。
では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
アッパーアームマウントを弄ってみた
どうもです。
今度の日曜日はラジ天名古屋さんの17周年記念レース。
ちなみに僕はF1スケールクラスに参戦予定です。

この間の日曜日に練習に行ったのでマシンをメンテしていると細かいところで気になってくるところが出てきますね。
そんなマイF501NSをボケーッと眺めているとアッパーアームマウント部分をちょっこっと加工するだけでもっとキャスター角の調整範囲が広がりそうな感じ。

方法は、サスブロックに圧入されているサスボールのストレート部分をカットし、カットした厚さの分のシムを挟むだけ。このシム分キャスター角の調整範囲が広がるって寸法です。

そこまで実際使うかどうか分からんけどね。

しかもこの改造にはもう一つメリットがありました。
アッパーアームの取り付けがかなりカッチリします。このしっかり感は中々やる気にさせる雰囲気ですよ。

ちなみにこの改造はアッパーアームマウントが並行(迎角0)な時しか使用できませんので予めご了承くださいね。

大分マシンがいい感じになってきた気がするぜ。日曜日バキューンと走るといいなぁ。
では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
ビッグボアダンパーにTC用スプリング
どうもです。
先日Dayzでラバータイヤ仕様のF501NSを清水くんがやっとった。
清水くんが言うには何でもラバーF1のピッチングのスプリングにドリフト用のフニャフニャスプリングを使うのが彼の中でナウいらしい。
で『FX4用のビッグボアダンパーが使いたいんだけどTC用バネが使えんのでなんとかせえ。』らしい。
そこで変換アダプター的なものを作ろうとお絵かきをしたんだけど、できた形状がどっかで見たことある感じだった。

いいのがあるじゃん。
DN906a プラスチックパーツ SPダンパー用:2セット入

F501のキットにもこのプラパーツは含まれている(1個)んだけど、ここで紹介する方法だとこの部品が2個いるので新たに買わないと足りませんのであしからず。

さっきのプラパーツがなんとビッグボアダンパーのスプリングアジャスターにぴったんこ(シビアに言うと気持ちガタはあるけどね)なんです。

で、バネの下側にも同様にプラパーツを入れます。
プラパーツを下方向に押し、スプリングを縮めれば、リテーナーを固定するイモネジを締め込めます。

上下2箇所にプラパーツを使用することによりビッグボアダンパーにTC用スプリングを装着することが可能になります。


ちなみにTC用スプリングは内径φ14mm位のものが丁度良いです。
写真のバネは当社製のTC用のバネです。
12だとあんまり使わないと思いますがラバーF1だとかなり柔らかいバネが良いようですね。
そういえば以前やってた僕のラバータイヤ仕様のM300GT-Linkのピッチングダンパーにはどこかのドリフト用のフニャフニャバネが付いていたっけ。あながち間違いじゃなかったかな?

気が向いたら試してみてくださいね。
では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
セッティングシート追記
どうもです。
先日公開した全日本選手権スポーツクラス優勝の福岡選手のセッティングシートに記載していない項目がありましたので追記して修正しました。

福岡征一郎選手のヤタベアリーナでのセット(修正版)

【追加した項目】
.團奪船鵐哀瀬鵐僉爾離團好肇鷏螟1.2mmに拡張
▲團奪船鵐哀瀬鵐僉璽ャップにΦ1.3mm穴を開け大気開放
キングピンにアクソン製CA-SG-003 CORE SHOCK GREASE NS を塗布

チャンピオンセットを試す方は要チェックくださいね。
福岡さん教えてくれてありがとうございます♪

では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
マシンカットギヤの歯数の識別法
どうもです。

精度、品質、耐久性に優れるカワダのマシンカットスパーギヤ
ジュラコン(POM)削り出しの高精度スパーギヤは、一度使ったら病みつきになること間違いなし!!

そんな高精度マシンカットスパーギヤですが歯数の小さなスパーギヤで尚且削り出し故にスパーギヤの歯数の刻印がありません。(そもそも刻印入れるスペースがほぼほぼ無い…。)
一度袋から出してしまったスパーギヤの歯数がよく分からなくなることありませんか?

ご安心ください。そんな時はスパーギヤの外径を測れば識別可能です。


SM6476(64ピッチ76T)→30.956mm
SM6478(64ピッチ78T)→31.750mm
SM6480(64ピッチ80T)→32.544mm
SM6482(64ピッチ82T)→33.338mm
※寸法は理論値です。実際は少し小さめに作っています。

こんな感じになってます。これで歯数が分からなくなった時も安心ですね。

ちなみに64ピッチって良く言いますがこれの意味ってご存知でしょうか?
64ピッチって言うのは1インチ(基準円)あたり64個歯がある大きさです。
なので1インチを64で割るとモジュールになります。
25.4÷64=0.396875モジュール

限りなく0.4モジュールに近い大きさですね。


今日は、珍しくほんの少しだけアカデミックに書いてみました。
では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
貼ると便利かも
どうもです。
最近密かにマイブームなF501WS。
普段1/12EPRばっかりやっている自分にとって1/10スケールのラジコンは、とても大きく感じます。特にメンテナンスやセッティング時に車をいじる場合にはピットテーブルがやたらと小さく感じます。
F1の場合は、ボディーを外してもウイングがシャーシの前側と後ろ側に付いたままになるので、更に大きく(長く)感じ、ピットでの取り回しがしづらいです。
車を前後に向きを変えるだけでピットライトなんかが倒れたりしてバタバタ状態になることもしばしば…。

なのでウイングを外して車を弄ることが多いです。


ウイングを外す時は良いんだけど、付ける際に受け側のナットやオプションのKF92フロント・ウイングホルダーを抑えながら付けるが結構面倒でした…。

そこで閃きました。ウイング側に両面テープでウイングホルダーを付けちゃいました。

両面テープはタイヤ接着に使うような薄手の物です。(ネジ穴部分はテープをくり抜いてね。)
これだとウイングをシャーシ側に差して下からネジを回すだけでOKで楽々です!!
ちょっとした事ですがこれだけでとってもメンテナンス性が良くなりましたよ♪

F500/501でウイングの脱着が煩わしいとお感じの方は是非お試しくださいね。

では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
M500をWGTにするには
どうもです。
以前からちょいちょい問い合わせのある『M500GTをWGT仕様にコンバートするのには何が必要ですか?』と言う質問。
先日も同じ質問を頂きましたので必要な部品を一覧にしてまとめてみました。

ただ、M500GTからWGTにするにはメインシャーシの交換も必要になるため、案外費用が掛ってしまいますのでご了承ください。
ちなみにM500GTのシャーシ&サスプレートだとフロントの幅が広すぎになってしまいます。じゃあ、サスプレートなしで直でサスアーム付ければ?となりますがそれだと今度は幅がとても狭くなってしまいます。 帯に短しタスキに長し状態ですね。

あと、M500GTの場合シャーシ等の板物がFRP製なので一覧ではM500GTRからのコンバートになってますのでご了承ください。やっぱりせっかくなら全部カーボンじゃないとね。

一覧には3パターンの変更に必要な部品をリストアップしてます。
●M500GTR(M5100)からM500WGT(M5200)にコンバートする際に必要な部品
●M500GT2R(M5101)からM500WGT-X(M5201)にコンバートする際に必要な部品
●M500WGT(M5200)、M500WGT-X(M5201)をゴムタイヤ仕様にする際に必要な部品
↓画像クリックでPDF版にリンクしてます。


M500ユーザーの方でWGTにコンバートしてみたいなぁって方は参考にしてみてください。
案外費用が掛かりますのでキットを買っちゃった方がお得な感じがしますね。

では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
今日もTIPSだよ。
どうもです。
ブログって一旦休むと止めどなく休んじゃうけど、書き出すと連日書きたくなるから不思議だね。

今は書きたくなる周期みたいなので今日も調子にのってFX4のTIPSを紹介しちゃいます。
このTIPSはFX4は勿論F500やM500等のリンクサス車にも使える便利ワザですよ。

サイドリンクとボールシートの5ケ所に使っているHEXピポッドボールにちょっとした加工をすることによって作業性がグッと良くなります。

こうやって改めてウチのボールを見てみるとツルツルスベスベでうっとり見とれちゃいます。
こんな小さな部品にも『コダワリ』があるんですよ!! 組み立てちゃうとあんまり見えんからカワダユーザーしか気づかんかもしれんけどね。

加工はホント簡単です。ボールのシャーシ接触側の座の部分を『荒らす』んです。
僕はダイヤモンドヤスリの角っちょを使ってスジを付けるようにしています。
大体ですが『ひとスジ、ひとコスリ』(こんな表現でいいのかな?)それを放射状にテキトーにつけてます。

大体こんな感じです。僕はダイヤモンドヤスリでやってますがカッターナイフでやってる人もいますね。


こうすると何が便利になるのか?って言うと

ボール側の3mm六角レンチを使用しなくてもボールを止める皿ビスを2mmレンチでギュッと締め込むだけでボールを固定することができます。(座の面の摩擦力が上がるのでレンチで固定しなくてもボールが回らない。)

これをやっておくことでレースの合間の時間の無い場合での増し締めが簡単に行なえます。
特にリヤ側のサイドリンクのボールなどバラさないと3mmレンチが使えない場所の増し締めは楽になりますよ。
※組立時等より確実に締めたい場合は3mm六角レンチを使用して組み立てた方が確実です。

また、昨日はモーターマウントの固定はチタンビスが良いって言いましたが、この部分のネジは、キット標準のスチール製のネジの方が緩みにくくてGOODです。僕はこの5箇所だけは必ずスチール製ビスを使用しています。

この技、ボール以外にもポストなどにも応用が効きますので是非お試しください。
では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)

オールナイト・シルバーストーン
protonix from foreign pharmacy>2/20