KAWADA BLOG

Feb/2018 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
>>> Next
今週も
どうもです。
今週もDAYZさんへ行ってきました。気づけば、ここ最近毎週通ってますね…。
色々な事が気になりだすと行かずには居られなくなる性分なのです。


最近は、初めの何パックかはF501で後半にFX4と言うルーティーン。
F501は、少しづつですが良い感じになってきました。
サイドスプリング取付け位置を内側(ホワイト)から外側(ホワイト)にしたら良くなりました。おんなじスプリングで取付け位置を外側にするとレバー比的に固くなる方向ですね。先週サイドスプリングを柔らかくして良くなったのになぁ。取付け位置が変わると話も変わる。奥が深いぜ。
F1でタイムを出すには12よりも丁寧に小さく回らないと中々タイムが出にくいなぁ。
セッティング云々よりもお手手の話かもしれないけど、お手手は今更どうにもならんので誰でも簡単にタイムが出る『神セット』を追い求めようと思います。
また、少しづつセットアップを進めて行きます。

12は、カーボンシャーシからアルミシャーシに変更しました。
セッティングは、清水くんのセットを丸パクした清水レプリカ。
最近の清水セットは、こちらのセットから少し変更されています。

【セッティングシートと違う所】
ピッチングオイル:#80→1,000番
キャンバー:2度→1.5度
モーターマウントブレース:Oリング併用固定→アルミビスで通常留め

この仕様がまぁー良く走るの何の。
最近運転が少し難しいなぁと思っていましたがこの仕様にすると楽にタイムがでますね♪
ファニーグリップになってから路面グリップが良いので今ぐらい路面だとアルミシャーシの方が楽に速いです。曲がりの良さと低重心の安定感が見事に融合しております。

ハイグリップカーペット路面ではお薦めのセットですよ。
特にDAYZではお薦めです。是非お試し下さい!!

今週もまた楽しかったなぁ。
では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
今週もまた
どうもです。
今週もまたまた行ってきましたよDAYZさんに。
路面グリップがいい感じに安定しているのでセッティングを煮詰めるのが楽しいですね。

F501ものんびりやってますが少しずつよく走るようになってきました。

大雑把な仕様はこんな感じ
タイヤ:F/CXSコンビ(44mm) R/CXSコンビ(44.5mm)
フロントスプリング:オレンジ(RS17O)
サイドスプリング:ホワイト(RSD11W)
ピッチング:FX4用ビッグボアダンパー(RSF16) ホワイト(RSF15W)  オイル#70
ロールダンパーオイル:2000番
キャンバー:-1度
キャスター:一番寝かせる
リヤトレッド:左右2mmずつワイド(合計4mm)
バッテリー搭載方法:縦積み

先週からの変更点は、サイドスプリングをRSX211ソフトからホワイト(少し柔らかく)にしたのとサーボを少し前に出してアッカーマンを変更した点。これでだいぶスイスイ走れるようになりました。
タイヤを連投すると運転が難しくなったのでこの辺りを次回試してみるかなぁ。
サイドリンク前側の取付け位置を狭い方にする(上から見てハの字)とコケにくくなるんだけど後半リヤグリップが安定しなくなる…。セッティングは奥が深いなぁ。
(暗くなってからもう少しやるつもりだったけど12をやりだしたら色々あってそれどころじゃ無くなっちゃった…。)

12もちょこちょこ試すものの、これと言ったことも無く…。

夜になって路面が少し上がると、車がわがままになるなぁ…。 だいぶ派手に何回か飛びました。

色々考えてシャーシをアルミにしてみました。ボディーとの相性もあるのかな?

清水くんとか速い人はアルミだでね。
次が行くのが楽しみ♪

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
全日本一次予選
どうもです。

関東のY氏より嬉しいNEWSが飛び込んできました!!
先日ヤタベアリーナで行われた全日本一次予選スポーツクラスで3台ものFX4がTOP10入りしたそうです。昨年同様TOP10シェア最多はFX4だったそうですよ!!
良く走ると評判のFX4ですがヤタベアリーナでは特によく走ると評判です!!
今年も全日本選手権はヤタベアリーナでの開催。これは期待しちゃいますね。

そんな嬉しいメールに添付されていたY氏のFX4の写真

Y氏もしっかりTOP10入りしてますね♪ 流石です!!

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
今週もDAYZへ行ってきました。
どうもです。
今週もDAYZさんへ行って来ました。

写真はFX4ですが、まず最初にF501を走らせました。先週との違いはバッテリー搭載方法を横積みから縦積みに変更しただけ。これがDAYZさんだと良く走ってくれました♪前は頑張らないと中々出ないタイムが楽にポンポン出ます。あんまりにもよく走るので少し拍子抜け。
欲をかくと先週みたく12をやらんくなっちゃうのでこの日は4パックで終了しました。
また次回から少しずつセッティングを薦めたいと思います。

12は清水くんのセッティングに寄せてスプリング類とボディーを変更。
スプリングは、フロント/カワダ・ブルー、サイド/カワダ・ブルー、ピッチング/カワダ・ヴァイオレットがDAYZだとバランス良いですね。
少し硬めのピッチングにしたら車が前に出て戦闘力が大幅にUPしました。

そう言えばDAYZさんに面白いものが新たに設置されていました。
いつものモニターの下に何やら怪しい物体が…

DAYZの優しいお客さんが『走行時間終了を知らせる装置』を寄付してくれたみたい。

走行終了時間になるとブザーでお知らせしてくれる優れもの。
走行時間の入れ替わりが分かりやすくなってGOODですね♪

嬉しいニュースをもう一つ。
2017年全日本選手権スポーツクラス5位の大戎(オオエビス)さんがFX4にマシンチェンジしてくれました!!(※後ろの愉快なおじさんじゃない方だよ。)

組み立てにいつもなら最低3ヶ月は掛かると噂の大戎さん。今回は1ヶ月も掛からずにシェイクダウン。意気込みを感じざるをえません!!
『運転が楽!!』『安定してラップが刻める!!』と高評価を頂きました!! ありがとうございます!!

大戎さんのFX4

これからの飛躍に期待しちゃいますね♪

では!!


PS.関東のY氏へ
メールありがとうございます。お返事したけど、またもやY氏の鉄壁の受信拒否に阻まれて帰ってきちゃいます…。
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
DAYZでF501
どうもです。
27日と28日の2日間DAYZさんでF501WSを走らせて来ました。

ここ最近、DAYZさんでF501WSがプチブレイク(?)なのでしっかり走るセッティングをするのが目的です。路面グリップも以前と変わってるしね。

スポンジタイヤのDDカーなので普段やってる1/12とノウハウ的にはそんなに変わらないと思ってましたがF1にはF1の独特なノウハウが必要だと強く感じました…。少しナメてたかも…。
普通に走るだけならスイスイ走るんだけど、もう少しタイムを上げようとすると破綻しちゃう…。悶絶の2日間でした。
ホントは日曜日は12だけをやるつもりだったけど、あまりに不甲斐ないので日曜日もF1やってました。最後に数パック12を走らせたら車が速すぎて人間が対応できなんだ…。
さすがに2日間イジっては走っての繰り返しだと相当くたびれますね。

課題は見つかったのでまた近々セッティングに励みたいと思います。
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
DAYZ夜ちゃれ
どうもです。
1月20日(土)にDAYZさんで開催された『夜ちゃれ』に参加してきました。参加したクラスは『夜ちゃれ12R』です。
レギュレーションは、JMスポーツクラスとほぼ同じですが走行時間が5分となっています。8分じゃなくて5分ってところが個人的には丁度よい塩梅。

マシンは当然M300FX4です。キット標準のカーボンシャーシ仕様です。

んでこっちは清水くんのFX4。清水くんはここ最近アルミシャーシ仕様がお気に入りの様子です。

ボディーは、2018年Ver.みたいです。三橋料理長渾身のペイントはなかなか見やすくていい感じですね。

ここんところ絶好調でごきげんな清水くん。


『夜ちゃれ12R』には17名のエントリーがありました。中々の賑わいですね♪
そのうち7名がM300FX4(井上調べ)です!!おかげさまでシェアNo.1です!!
今年からレギュレーションが変更になって『メーカーワークスドライバーの参加規制を解禁』とのことです。(以前から僕は参加させて頂いていましたが、ドライバーじゃなくて社員なだけだからOKでした。腕は一般的だでね。)

今回の参加メンバーが中々の顔ぶれでした。
ウチの清水くん、イケイケ池谷くん(2016年スポーツクラス2位)、大戎さん(2017年スポーツクラス5位)、ベテランのCRCヤッキーさん。
こりゃAメイン入は熾烈だなぁ。何でもAメイン枠は6人との事。
清水くんがピットを見渡し一言。『井上さんBだらぁ?(笑)』
崖っぷちです…。


【練習走行】
夜ちゃれは夜の7時からスタートなんだけど、当然朝イチから練習します。しかもこの日は開店時間を10時だと間違えてて1時間以上も前からスタンバってました。

先週走った感じだと、まーまーな感じには仕上がっていたのですがタイヤをもう一度試して見ました。ここんところずっとフロントCXS(D1F335)、リヤコンビ(D1R435)固定でやっていましたが何となく前後CXSも良いんじゃないかな?と思って。
練習開始のソコソコ路面の時は正直どっちもあんまり変わらんかな?って言う感じ、どちらかと言えばリヤCXS(D1R335)の方がリヤのグリップ感が高くて気持ち好印象。
しかし、夕方になリ路面グリップが上昇してくると僕の車の場合、リヤCXSだとコーナーで引っかかるようになり走行が困難になりました。
そこでリヤコンビに戻すと引っかかりもなくスムーズなコーナーリング特性になりグッドフィーリングです。レースはやっぱりフロントCXS、リヤコンビで決定です。
タイヤ径はフロント39.5mm、リヤ40mmです。

ピットは真剣なんだけど和やかな雰囲気で良いですね♪


【予選1回目】
予選の組分けは練習走行時のベストラップで組み分けされました。
この方法だと速度差がほとんど無くて走りやすかったです。

僕の組には、ちょいワル伏見さん、伊藤くん、大石さん、岩瀬さんがいました。
清水くん予想だと『この組で2位までに入れていればAメインじゃない?』らしい。

予選は2回しかないので失敗はしたくない。ある程度安全を見つつペースを保たんと行けません。
緊張のスタートです。序盤は4番手を走行。上位がスタックやらミスで僕がトップ。
終盤までトップでしたが伏見さんが怒涛の追い上げでトップゴール。僕は2位ゴールでした。
その差0.5秒。ちなみに伏見さんは暫くスタックしてたのでペース的にはかなり速いです。0.5秒差だけど実際にはもっと差がある感じ…。

予選1回目を終えてトップは清水くん。僕は4位とまずまずの位置。
しかしながら、イケイケ池谷くんはリタイヤして最下位なので確実に上に来るだろうし、他の人もタイムアップしてくる恐れがあるなぁ。
2回目もタイムアップしないとAメインは厳しそうです。大体僕の場合、右肩下がりの傾向だからなぁ。次はもっとがんばらんと。

【予選2回目】
さっき、車は良い感じだったのでセッティングの変更は無し。
タイヤも同じ条件にした同じタイヤです。(練習で慣らしがてら1度使ったタイヤ。2回目が調子良いです。)

スタートすると車はさっきと同じで調子が良いです。しかも人間がイケてきたのかトップを快走!! 何か迷いが無い感じで走ってても楽しいです。
途中伏見さんがまた吹っ飛んだ模様。これで大分気が楽になりました。
が安心するのも束の間。また怒涛の勢いで迫ってきます。速いなぁ。
後ろからペースの速い伏見さんが来たのでラインを譲り前に行ってもらいます。しかしトップは依然僕。リードは、どんどんなくなって来ましたが僕も粘ります。
何とかトップを守りそのままゴール。その差約0.1秒でした。 しびれる〜。

この段階で先程のヤッキーさんのタイムを抜いて暫定3番手です。少し浮かれる。
結局その後、池谷くんに抜かれ、ヤッキーさんに抜かれ予選は総合5位でした。しっかりタイムアップしてくる辺りは流石です。
ま〜ギリギリなAメイン入りじゃなかったし、取り敢えず頑張ったかなぁ。(満足)

TQは最近絶好調の清水くん、2位はイケイケ池谷くん、3位は大戎さん、4位はヤッキーさん、5位は僕、6位はちょいワル伏見さん Aメイン決勝が楽しみです!!

【Aメイン決勝】
グリッドに着き、緊張のスタート。
スタート音と共にギヤが鳴く音が…。大戎さんがスタートできない。チャンス!!
どさくさに紛れて前に!! 興奮し過ぎてよく覚えてないけど多分3番手に浮上!!ラッキー!!

がその後直ぐに操縦台下で後続に跳ね飛ばされてコースアウト…。終わった…。
コース復帰したころには既に後ろに清水くんとイケイケのトップ争いの2台が…。
邪魔したらアカンので早めに2台を先に行かせます。しかも安全に一旦停止で。

完全に置いてけぼりを食らって戦意喪失。のんびりクルージング状態でそのまま5位ゴール。
優勝は清水くんでした。やるね。

トップ3
<左>2位のイケイケ池谷くん <中>優勝の清水くん <右>3位のヤッキーさん


決勝は不完全燃焼だったけど楽しかったなぁ〜。

優勝した清水くんからセッティングシートが届きましたので早速UPしました!!
清水昭博選手のDayzでのセット(夜ちゃれ TQ&WIN)
自信作のセットらしいのでFX4ユーザーの方は参考にしてみてください。

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
レース前だもんで
どうもです。
昨日もDAYZさんへ行ってきました。

20日が『夜ちゃれ』なので、その練習です。今回はエントリー予定です!!
先週やった感じだと、ベストこそまーまーな感じだったけど5分間(DAYZのレースは5分)まとめて走ることが中々できていませんでした。
コントローラブルで安定感がありつつ、もう少し曲がりのある感じにしたい…。
欲張りな要望です。

1日かけてちょこちょこセッティングし直して、8時位にようやく納得の感じに仕上がりました。 路面も先週とは一味違ったもんで来週もまた少し感じが変わってるんだろうなぁ、結局またセッティングし直す気がする…。

タイヤは、フロントCXS(D1F335/39.5mm)、リヤCXSコンビ(D1R435/40mm)が調子良かったです。

自分的には大分調子良くなりましたが清水くんにちぎられるんだろうなぁ…。
取り敢えず、Aメインに残れるようにがんばります!!

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
走り初め
どうもです。

1月7日(日)にDAYZさんへ2018年走り初めへ行ってきました。

もちろん清水くんもトゥギャザーしてます。(写真は無いけど…)

DAYZさんではストック12が人気カテゴリーです。もちろん走行時間がしっかり区切られているので低速車やツーリングカー等など、それぞれ走りやすくてGOODですね♪


話題のグリップ剤『FUNNY GRIP』も評判が良いですね〜。
グリップレベルは非常に良く、それでいて引っかかりがなくてコントローラブル。
タイヤにもゴミが殆んど付かないので終始安定したグリップで快適なんです。
しかもタイヤの減りが恐ろしく少ない。ホイール割らんかぎり一生使えるんじゃないかと思える程です。(もうちょっと減ってくれたほうがウチ的には儲かるんだけどね。)

この日も終始ゴキゲンなグリップで路面グリップに対する不満は一切無かったです。
やるなファニー!!

約1ヶ月ぶりのラジコンだったので、のんびりダラダラやるつもりだったけど、ほぼ30分に1回走ってました。このペースでやると疲れちゃうの分かってるんだけど、走らずには居られない自分…。楽しかったなぁ。

今月20日はDAYZさんの『夜ちゃれ』だもんで出よっかなぁ。

では!!


PS.
本日メールをくれた『関東のY氏』へ
返信したけど、跳ね返されました…。
今年もヨロシクね♪
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
G☆スタイルカップ
どうもです。
新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

さて、新年早々清水くんから昨年末にラジコン天国名古屋店さんで開催されたG☆スタイルカップの参戦レポートが届きましたので早速UPします。
何でも今回は12のレースは出ずにM500WGTベースのM500GT仕様のマシンで21.5Tツーリングクラスに参戦したようですよ。

【清水くんのレポートはこっからです。】

昨年の12月30日にラジコン天国名古屋店で開催されたG☆STYLE CUP with Team Bomberに参加してきました。

※写真はラジ天名古屋さんのブログより無断拝借。(祖父江さん勝手にいただきましたよ♪)

今回は色々と事前準備が出来てなかったり、のんびりとやりたかったので、12クラスは回避して、F1スケールクラス(ラバー)と21.5ツーリングクラスに参加しました。

F1スケールはF501NS。
21.5ツーリングはM500GT(WGTからコンバートした仕様)での出場です。


ツーリングのクラスですが、ラジ天名古屋ではDDツーリングでの参加が認められています。
モーター、ギヤ比は同じですが、DD車は車重無制限でスピード的には有利です。(TCシャーシより400g以上軽い)
しかし指定タイヤの、いわゆるタミヤ500円タイヤで走る必要があるので、グリップ的に物凄く操縦が難しい…。

実はDDツーリング的なマシンを走らせるのは今回が初めてなので、練習の最初の方は1周無事に帰ってこれないレベル(笑)
意外とちゃんと走ると見せかけて、タイヤのグリップが足りなさすぎて、ヘアピンの立ち上がりで激巻きするし…。
曲がらないんで、コーナー行き過ぎたと思ってブレーキ掛けるとその場でスピンするし…。
のんびりやるはずが全然のんびり出来ないぞこれ…。

M500GTのノウハウに長ける、友翔くんのパパさんにも色々聞きながら、沢山のセッティングを試して、なんとかタイムが出せるところまで車は仕上げることが出来ました。
操縦はブレーキ厳禁、ヘアピン立ち上がりはそろっと握って、ラインはアウトから進入の大回りです。
普段の走り方と全然違うので難しい…。

その甲斐あってレースの方は21.5ツーリングがTQ&WIN。
タイヤの問題で少しのことでバランスを崩しちゃうんで、いつマシンが裏切るか心配だったけど、最後まで良い感じに走ってくれました。

F1スケールは予選2位、決勝2位でした。
谷井プロが速かったんだよなぁ…。
どっからどう見ても整備不良車、壊れてると思うんだけど、何故か速い(笑)
流石、憧れの谷井プロ。
もっと練習しないと谷井プロに勝てんね。

そういえばカワダマシンの写真を撮ってきたんだった。

菊イケ師匠のFX4。
ご存じカワダヘビーユーザー。


KEN HARADA氏のカワダ6輪(自称)
本人はカワダと言うけど、そんなの無いで!(笑)


友翔くんのFX4。
ボディデザインがシゲルカワダリスペクトです。


ちなみに友翔くんは12ストッククラスTQ&WINでした!


12のレースは初めてで、かなり緊張してたみたいだけど、よく頑張りました。
油断しとると、そのうち抜かれそうだね。


年末恒例のG☆STYLEカップ。
開催クラスも多くて、予選も3回やるんで、夜遅くなるけど、開催時期的に次の日の事を考えなくて良いから結構好きです(笑)
今年も是非参加したいと思います(ほぼ1年後)

参加された皆さんお疲れ様でした。
そして、今年もよろしくお願いします!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
EPS-Jレポートby清水くん
どうもです。
先日ヤタベアリーナさんで開催されたEPS-J最終戦で絶好調だった清水くんからレポートが届きましたのでUPします。
いい感じに上手くレポートが書かれてますのでFX4ユーザーの方は必読ですぞ!!


【清水くんのEPS-Jレポート】

「井上さんの弟子」の清水です。
12月16日に谷田部アリーナで開催されたEPS-J最終戦に参加してきましたので、レポートしたいと思います。
今回はシリーズチャンピオンの掛かったWGTクラス。
そして1/12は普段行われないJMストッククラスがあるということで、FX4の谷田部での好調を体感すべく、そちらに参加することにしました。

結果から言うと、両クラス共、とても車が良く走ってくれて、TQ&WINを達成することが出来ました!

レースの中で、セッティングに関しては色々と感じた部分がありましたが、今回はFX4を主に書きたいと思います。

今回、谷田部アリーナを走るにあたって、全日本TQセッティングを参考に、事前にDayzでテストをしました。
前日の練習は走れて10パック程度なので、その間でセッティングを決める為に、ある程度傾向を掴んでおかないといけないです。

ちなみに前回、谷田部アリーナを走ったのは2年前のEPS-J最終戦。
しかも全然走れんかった…。
そんなわけで谷田部には苦手意識しか無いのです…。


今回、タイヤは前後共チームボンバー製のオレンジ(ミディアム)の決めうちで行きました。
本当はカワダ製タイヤを試したいところだったのですが、限られたパック数でセッティングを決める為、タイヤで悩みたくなかったので、谷田部アリーナで実績のあるタイヤをチョイスしました。

そんな感じで持ち込んだセットで走る練習1パック目。
なんだかいきなり良く走ります!
コース慣れこそ出来てないけど、車は調子良い気がする。
これだけ走ってくれれば幸先良いですね!
谷田部でカワダが良く走るって噂は本当だった(笑)

ここまで調子が良いと、もう少し攻めた動きにしたいところ。
元々、アッパーブレースのピッチングダンパー取り付け位置をキット標準の後ろ穴にしていたのですが、前穴に変更。
ダンパーステーも1つ前の穴に移動してダンパー長はそのままです。
これで、よりアグレッシブな動きになって、スロットルを握っていけます。ラップタイムも少し向上。

しかし旋回こそ良くなったものの、車が動き過ぎてるのか?
コーナーに放り込みすぎると、リヤが潰れて前に走っていかない感覚がありました。
そこでピッチングスプリングをレッドからイエローに変更。
バネが全てキット標準になりました。
ダンパー角度は上から2番目から、1番上へ。
これで走ると、かなり良い感じ!
失速も減って、車が路面を蹴って前に走っていきます。
フィーリングが手に合うのか、ミスもかなり減りました。
一気にラップタイムが0.2秒くらい縮まったので、とりあえずセットはこんなところで行くことに。

あとはコースに慣れてミスを無くす為にひたすら走り込みです。
最後の方で路面が上がって、少し車の動きが重いかなって気がしたので、ボディに付けてたリヤスポイラーを外すことにしました。
少し動きが軽くなって、スピードも出る気がする。


レース当日はセッティング変更はせず、1日を通して同じセッティングで走りました。
練習で昨日のベストを上回るタイムが出ているのでかなり調子は良さそう。
その勢いのまま予選1回目を終えて、更なるタイム更新を狙っていきますが…。
予選2回目、3回目と路面グリップの上昇に伴い、周りがタイムを上げて行く中、終わってみれば僕のベストリザルトは予選1回目。
普通は路面が上がれば、タイムを上げていけるはずですが、前日の練習で感じていた動きの重さが出てしまっているようです。
レースは優勝出来て良かったのですが、セッティングを詰める点では少し心残りがありましたね。

と、いうことで、僕の中で心残りだったことを書こうと思います。

セッティングシートの状態から…

.蹇璽襯船紂璽屬7500番にしてみる。
路面が出来てれば、軽快に動いて更にタイムアップ出来ると思います。
決勝で試す勇気がなかった(笑)

▲ワダ製タイヤを使う。
今回は実績のあるボンバーオレンジを使いましたが、やはりカワダタイヤを使いたいところ。
恐らく前後C35(D1F235D1R235)であれば、同じようなフィーリングで行けるとは思います。
個人的には前後CXS35(D1F335D1R335)が試したいです。
CXS35は横方向のグリップこそ少し軽いですが、抜群に蹴り出し感のある特性なので、ストック向きだと思います。
(実際に谷田部で試したわけではないので、イマイチだったらごめんなさい…)

ボディを試す。
これも決めうちでAMRプロライトしか使ってないので、更に良い感じのボディがあるかも?ケッターの軽いやつとか…?

この中でも特にロールチューブはやっとくべきだったなぁ。と思います。
試しに行きたいくらいですが…(笑)
是非試してみてください。


あと、TIPSを紹介したいと思います。

今やFX4では定番?のモーターマウントブレースを裏返して、Oリングを挟んで固定する方法ですが、どれくらいネジを締めてるの?って質問を頂きました。

自分の場合は目一杯、締めれる限界まで締めてます。

緩めるのも試したのですが、本当にグリップ確保が難しいほどの路面でもない限り、あまり良い結果は得られない印象でした。
目一杯締めても、通常通り固定するよりは剛性が落ちるので、そこが基準で良いかと思います。

もう一点。
アッパーブレースのピッチングダンパー取り付けボールの高さですが、キット標準だと1ミリのスペーサーを入れることになっています。
ここのスペーサーを外すと、しっとりとしたフィーリングになってオススメです(理屈はわからない 笑)
これはFX4ユーザーの植木選手にも試してもらいましたが、同じような感想で好印象だったようです。


今回のレースに参加して感じたことを色々と書かせてもらいましたが、とにかくFX4が良く走るのは間違いないです!
特に谷田部との相性が良いのか?今まで経験の無いほど、1パック目からいきなり絶好調でしたよ!
是非、多くの人にFX4の走りを体感して欲しいと思います!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)

オールナイト・シルバーストーン
discount buy trimox>2/20